中性脂肪を減らすための肉や卵の食べ方

鶏卵に含まれる黄身の部分や豚肉などには、中性脂肪になる成分が多く含まれていて、摂取するだけで中性脂肪の値が高くなりやすいです。値に関して高い状態が継続すると、膵炎や脂肪肝を引き起こす可能性があります。
私は肉を食べる場合は、脂身が少なくて栄養分が多いレバーを食べたり、鶏卵を食べる場合には黄身の部分を取り除いて食べています。
中性脂肪の値を減らすために卵などの食べ方の工夫をして、体調を整えるように栄養のバランスを考えて食事をしています。